HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>本

秘密

もう、もう本当に最後だった!!!
雑誌を買わない私がどうしても気になって買っていた「メロディ」
そりゃあね、この中にはコミックスをずっと買っていた作品もあるさ!!!
でも雑誌購入までいかなかったのに、これだけは!!!!!

秘密ートップシークレットー

清水玲子先生の作品です。
知ったのはたまったまただったんだけど、速効はまってしまい、そのままけろ。さんにまで貸していた。
二人でよく自分たちの脳を見れるようになったらなんて会話もあった。

私は岡部さんがお気に入りだったんだけど、この作品を見ていると家族を持つことを望まれない人がいるっていうのが、どれだけ孤独とともに一生を過ごすことになるんだろうと思っていた。
それが薪さん。
もう薪さんはすごすぎて、第九の中でも突出というかたぶん警察組織の中でも突出しているんだろう。
MDIPでもその才能はやっぱり突出。実質のリーダーじゃんなんて思ってました。
しかしその前にでていた薪さんのインタビューで自分の脳を見られてもかまわないとそりゃあすがすがしいお顔でおっしゃっていて。前なら考えられなかった。
そんななか青木がアメリカ、薪さんのもとに視察に。これは岡部さんの気遣いなんだろうと思いますよ。
さっすが岡部さん!!!

実際現地に行って我にかえったような青木。
相変わらずトイレにこもった青木。

薪さんはやっぱり青木を良く理解されていますね。
ってか青木をいじめている薪さんの楽しそうなこと。
それまであまり見たことがない薪さんの微笑みがあちこちにあったのに、トイレにこもった青木に行った時のいつもの薪さんのあのお顔。
薪さーん!!!と思いましたとも。
・・・・・薪さんの麗しい微笑みをそんなにふりまかないでも・・・なんて思ってました私。

薪さんにとって第九は家族。
自然に呼吸のできる場所だったんだと思いました。どんなに離れていても彼らのことを思っている。
でもそれは第九メンバーにとっても同じ。初めの時の曽我や小池たちを見てもそれは分かる。
その薪さんの言葉に泣き崩れる青木・・・・・本当こいつ良く泣くよなぁ。
本当に薪さんと一緒にいたかったんだろうなぁと思うけど、実際そんなことって難しいとも思うけどね。
ましてや警察ならねぇ。

青木のあの薪さんに出すはずだった手紙の内容、あれ・・・・・どう考えても・・・・ねえ。
「薪さんが
仕事を終えてから
次の日 仕事に行くまでの間
一緒にいられないかと」

これってさ、あの・・・・・・そういう風にしか読めないんだけど。
薪さんは間違いなく青木が好きだったと思う。
青木の幸せを願っていたと思う。
青木はでも一時雪子先生と結婚までいってたから、結局かなわないと思っていたけど・・・
・・・・・・・あれ?

まぁ結婚がすべてとは私は思っていないので。
どんなことでもお互いの幸せを望み、ともにいられるのは幸せだと思っているんだけど。

雪子先生は結局違う人と結婚してるんだもん!!!
そこは驚いたよ!!!
薪さんは雪子先生との復縁を望んでいたのに、青木はやっぱり薪さんが特別で雪子先生に見限られたんじゃないかとちょっと思っているよ。だって雪子先生、お互いが気が付いていない本人たちの気持ちに気がついていたようだしさ。

しかしこの本当の最終回でまさかあの一番初めの大統領暗殺の話に結び付くなんて・・・・。

けろ。さんとやろうと思えば実写化できそうだよねなんて話していたんだけど・・・・あの麗しい薪さんが・・・・誰がやれるっていうんだろう・・・・。
ラルクのhydeくんかなとは思ってるんだけど・・・。他には浮かばない~

しかし、ずっと薪さんの幸せを願っていた私ですが、とうとうおわっちゃった・・・・。
コミックスはこれからだけど・・・。
と思ったら来月号ではふろくに秘密が・・・・。
・・・・・・・・・・・・買っちゃいそうだよ。

なんか花咲ける青少年ではマハティだしさ~高校生の時に読んでたキャラの話がまさかこんなたってから読めるとは思ってなかったしね。マハティ、なんかカッコ良くなっちゃってるし。

とりあえず秘密のイラスト集でてくれないだろうか。
むっちゃほしいんだけど。


そういや、あの手紙の添削・・・・あれ笑った。ぜったい薪さんならやるよね~

薪さんの幸せを願いながら

終わってほしくないとも思った作品だったよ!!!


清水先生、お疲れさまでした!


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://dgon.blog51.fc2.com/tb.php/478-3a601cce

コメント

はじめまして。
昨日、「秘密」で検索していて、こちらに辿り着きました。

最初の「秘密」記事の日付を見ると、3年前からずっと読んでいらしたんですね。
身近に「秘密」のお話を出来る方もいらっしゃるようで、羨ましいです。

ごんさんは、岡部さんがお気に入りだそうですが、薪さんをはじめ、辛い出来事に会うキャラが多いだけに、岡部さんだけは、何があっても大丈夫、体も心も壊れず、薪さんを裏切らず、そこに居てくれるという安心感が、この重いお話の中の癒しになっていたと思います。

>青木のあの薪さんに出すはずだった手紙の内容、あれ・・・・・どう考えても・・・・ねえ。

ですよね。
読む方によって、様々な解釈があるようですが、私はあれは青木の無意識のプロポーズとしか思えませんでした。
薪さんは、青木の幸せを願っていて、青木に結婚して子供を持って欲しいと願っていたけれど、青木にとっての一番の幸せは、結局薪さんと居ることだったと、そういうことなんだと思いました。

雪子が青木を見限ったというごんさんの想像は当たりだと思います。
雪子は、自分より大切な人が居る男と結婚しても、幸せになれないと思ったのでしょう。

>ずっと薪さんの幸せを願っていた私ですが、とうとうおわっちゃった・・・・。

私も薪さんの幸せを願い続けて「秘密」を見守っていたので、同じ思いでいらっしゃるのだと分かり、嬉しくなって、ついコメントしてしまいました。

お邪魔致しました。
かのんさん

すみません(滝汗)
今ごろコメント気が付きました!!!!

秘密は本当にたまたま手に取ってちょっと読んだら面白くってその時にでていたコミックスを大人買いした作品なのです。
脳を見るってなんて斬新なんだろうと思って、それが殺人事件に解決に結びつく。でもそれはプライバシーの問題もありって本当テーマ的には重いんですが、キャラが魅力的でそして話も読ませる本でしたよね。

岡部さんがお気に入りなのですが、もちろん薪さんはとっても大好きなんだろうと自分で思ってます。
薪さんのあの痛々しいのを読んでいたからこそ、幸せになってほしい、幸せをつかんでほしいと思っていました。
薪さんや青木にとってはあれが幸せの一歩なのかもしれません。

雪子先生は利口な選択したと思います。
かのんさんのおっしゃる通り自分より大切な人がいる男性と一緒になっても幸せにはなれないと思いますもん。

青木のあの手紙はどう考えてもそのようにしか思えませんよね。
あらら告白しちゃったのか?と本気で思いました私。

メロディでは新章が始まって、薪さんのお若いころの話になりましたが・・・・実は雑誌を買わずにコミックスまで我慢しようと思ったり。でも買おうか迷ったり(苦笑)
秘密のことを話せるのは同僚なのですが、あまりにも秘密が面白くってすすめたら、まんまと私の術中にはまって(笑)読んでお互い感想を言う仲になったんですよ~

コメントありがとうございました!
そして遅くなってごめんなさい

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。