HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>洋画・ドラマ

ディパーテッド

前から見ようと思っていた「ディパーテッド」
もう皆さんご存知、「インファナル・アフェア」のリメイクです。
325647view001.jpg


監督 マーティン・スコセッシ
出演 レオナルド・ディカプリオ
   マット・デイモン
   ジャック・ニコルソン
   マーク・ウォールバーグ
   マーティン・シーン
   レイ・ウィンストン

もともとディカプリオのファンでもなんでもない私。ええ、感動したとかよく言われるタイタニックだって主演たちには何も感じず、何に感動って船が沈んで自分達だって危ないのに皆を落ち着かせようと演奏をするオーケストラの人々にだけ感動しましたよ。
そんな私、のりちゃんがマット・デイモンのファンで見に行くことに。

以下ネタバレ含みます。ご注意を。うーん、映画的には見終わった後何も残らない映画。
確かにハラハラドキドキはしました、が最後まで見て矛盾というか色々疑問がたくさん。
ウォールバーグ演じるディグナム・・・・潜入捜査官をあおるあおる。
っていうかそんな必要あるのか???
私オリジナルのインファナルアフェアを見ていないので比べることも出来ないので純粋この映画を見た感想。
ニコルソン演じるマフィアのボス、コステロに育てられマフィアのスパイとして警察エリートまで上り詰めるマット・デイモン演じるコリン。犯罪者一家に決別すために警察官になったディカプリオ演じるビリー。どっちが役者として印象に残るかというとディカプリオでした。
凄く繊細な役。それを見事に演じきったと思う。
またニコルソンのコステロも主演二人をくってしまう存在感。
そりゃあ役者は見事。
中盤ではかなりドキドキしながら見ていた。

けれど、最後、二人が死ぬのは分かっていたけど・・・・・。
どうしても納得いかない。
最後の最後は書きませんが、あの手紙は一体どうしたの?そして女医の本当に愛していたのはどっち?そして子供は??
最後全てが中途半端に終わった感がいなめない。

終わって場内が明るくなったときにのりちゃんとも言葉なく苦笑交じりで顔を見合わせていたところ、「もやもやする」という言葉が聞こえてきました。
確かにね・・・。

ディパーテッド
★★★☆☆
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://dgon.blog51.fc2.com/tb.php/108-e6074f11

ディパーテッド
ディパーテッド『ディパーテッド』(''The Departed'')は2006年のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督作。香港映画の「インファナル・アフェア」をレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの二大スター共演でリメイクした作品である。ちなみに '

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。