スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠いーーーー

もともと本は良く読む。
そりゃあマンガ大好き!この年齢になっても抜け出せない~それはけろ。さんも同じで、お互いマンガの貸し借りなんぞしてます。お互い何百冊もの本を持っているので。
で、小説は高校生の時は魔王伝が大好きで、そのまま菊池秀行の本を読んでました。吸血鬼ハンターDとか魔界都市新宿関係のとかね。小中学生の時はアルセーヌ・ルパンの本読んでたなぁ、モーリス・ルブランだったっけ。
で、次が京極夏彦にはまって、あの分厚い本を読みまくり。魍魎の匣がやっぱり好きかなぁ。
次が何がきっかけだったか覚えてないけど綾辻行人を読みまくって今は京極か綾辻の新刊がでると購入しているんだけど、綾辻は館シリーズ以外は持ってるのは少し。
で、けろ。さんに綾辻を貸して十角館にはまって館シリーズをすべて読み、やっとアナザーも読み終わったところで、お互い綾辻の読んだことがないものを読み始め。
先日霧越邸殺人事件を購入し昨日読み終わったんだけど・・・・寝る前に読んだらなぜか夢に出てきて何度も何度も目が覚めた・・・・その上歯を食いしばっていたようで歯が痛い・・・・。
今はとにかく眠い・・・
本当は今日実家に行き仕事をし支笏湖に写真を撮りに行く予定だったけど、高速道路は通行止めになっているわ、ふぶいているわで行くのをやめました。夕方からはパソコンいじったりしてたんだけど、眠くて眠くて・・・。
霧越邸は・・・・館シリーズとはちょいとやっぱり違う感じで、正直殺人を起こす動機がちょっと弱いかなぁとは思った。
今年入ってすぐにでた奇面館のほうがっやっぱり面白かった!!!びっくり館とか最近は本格ミステリ??って感じだったので、ひっさびさ本当面白かった~。
霧越邸は嫌いでは決してないけど、なんだろう・・・・なんか私は読みずらいと思ったんだよなぁ・・・なんでだろ????緋色の囁きとかそんなこと思わなかったのに。
館シリーズは次が最後のはずなので楽しみなんだけど・・・・まだまだ先だろうなぁ。
京極の百物語シリーズは西巷説がまだ読んでないんだけど、私又さんが好きだからなぁ・・・・。
けろ。さんとこの前話したのが、本に一体いくらお金かけてるんだろうという・・・・考えたくないわ・・・。
スポンサーサイト

期待

今日朝7時前後はこの話題が多かったですね。
ダルビッシュのレンジャーズ契約合意。
テレビにくぎ付けでした。
日ハムファンとしてはやっぱりさびしい気持ちが大きいです。
日ハムが北海道移転の時に白井さんの講演会を私が勤めている会社の当時の社長の関係で開催し、その時の質問でダルビッシュについての質問があり白井さんはしっかりと一年育てるようなことを話してたのを覚えています。
そのダルがメジャー。
さびしいけど、向こうでの活躍も大いに期待したいと思ってます。
6年は長いけど・・・ダルならやってくれるでしょう。
・・・・でもやっぱ、さびしいなぁ。

連合艦隊

第二次世界大戦紳士録を読んで以来その当時の話をくわしく知りたくなって色々と調べたりしていたけど、金曜日に体調を体調を崩していたのもあっていつもの気管支炎になったら通っている病院にいったついでにTSUTAYAへ。
いやぁ探していたのがあった!!!真珠湾攻撃から大和沈没までを描いた映画「連合艦隊」
今ならCGで描くところを昔の映画なので模型なのが・・・・ねぇ。みていても模型だってわかるし、背景も写真?ってわかるし。でもそれがいい感じになっているのもあったり。
ただ岩陰から空母がでてくるのは私、人形劇三国志をおもいだしちゃった。

はじめに日本がドイツ・イタリアと三国同盟をくむかどうかってところからはじまります。
海軍は山本五十六を初めとして反対しているのに、結局三国同盟がなされ真珠湾攻撃にいくのですが・・・・このときにね、攻撃が成功して「我奇襲に成功せり」というセリフが・・・・・・渕田だったの????と一人テレビにつっこんでました。
紳士録にでていた人たちが当然のごとくでてくるんですが、場面展開はやくて・・・・人が覚えられないまま進んでしまった感じ。唯一覚えられたのが小沢治三郎役の丹波哲郎だけでした・・・。
ミッドウェーやレイテなどでね、本当誰がだれなのやら一人わたわたとしてみてました。
でもレイテでオトリだった「瑞鶴」の様子がなんともいえず。
栗田艦隊の反転は色々いわれたようですが、なんか映画で見るとやりきれない。
「武蔵」の最後がまったくでなかったのはちょいショック。猪口みたかったなぁ。
大和では伊藤長官と有賀はでたけど森下がでてなかった・・・・。大和沈没ではあのお父さんの最期にもう泣いた泣いた。父は大和での海上特攻でなくなり、その後息子は神風特攻隊で亡くなるという。
その前にも瑞鶴に乗っていった少年が着鑑はできない=特攻で亡くなるという話があって「お母さん」と叫びながら特攻に行くあのシーンは涙なしにはみれませんでした。あの戦争の時にそうやってたくさんの命が失われていったんですよね。もう本当今この平和なときに生きている私には想像がつかない。

この映画よかったです。戦争の惨さが伝わってきた。
次は自宅近くのTSUTAYAでトラ・トラ・トラを見つけたので借りようかなと。

連合艦隊
★★★★☆(4点)

そういや、久々風邪をこじらせて病院行ったけど・・・・・高くてびっくりした。
今TFCC損傷で行ってる病院は診察だけだととんでもなくやすいんだけど。薬代だってこの料金にはいってるの?と思うくらいなのに・・・今回診察代だけで約5倍の料金だった・・・・。リハビリ代よりもたかかった・・・・ほんの数分の診察だったのに・・・・。なんで~???

TFCC損傷⑭

今年初めのリハビリでした・・・
まさか年を越すとは全くおもってなかった・・・・
で、現在は全く変わらず。
かたいなぁと思うし、何より痛いんだよ。
筋が痛いって感じかなぁ。動きは良くなったと言われるんだけど、左手に比べるとやっぱり動かないし、それこそ可動域がゼロの時に比べたら良くなったんだけど。
筋力を戻すリハビリも始めてるけど、これがちょっときつい・・・。
普通の人ならなんてことないんだけど。
今月末にはまた診察があり今回はレントゲンもあるらしい。
ワイヤーをいれてた骨でも見るのかな???

そして現在仕事が休みに入った途端に風邪をひき、いつものごとく気管支炎が・・・・気管支炎でずっと通っている病院は札幌駅近くなので明日仕事帰りに行こうと。
もう病院代がバカにならない~(涙)
そして明日会社行きたくない~

昭和

本屋で軍服ものの本を読み、かっこいいーと思ってアマゾンで検索したらレビューが満点の本発見。
え?と思ってみて買ってみた・・・・・
・・・・
・・・・
・・・・


面白すぎる!!!!!


もうすっげー可愛い絵なんだけど、実際にいた人たち。
特にヒトラーなんて可愛いなんて思えないのに、この人のかいたエピソードみたらたまんなくなった。
ドイツ軍と日本海軍・陸軍で硫黄島からの手紙の栗林中将があの映画のイメージで読んだら・・・あれ?とか本当に見応えがあった。
これまで歴史は三国志と日本では幕末くらいだったかなぁ詳しく調べたりしたのは。
特に世界史が好きな私は日本史、ましてや近代史は興味の対象ではなかったんだけど・・・・この本から一気に興味を持ってしまって。
巻末にある日本軍の人たちの最期が戦死とか刑死、自決が多いのが本当に切なかった。
戦争はほんとう人を狂わせるなぁとか色々思いました。

あまりにもハマりすぎてこの作者さんの御自分でだした本まで購入しました。検索したらでてきたので。
これがまた面白くって、もう私は猪口敏平はチョコビンと呼んでますよ。

そういえば山口多門聞の小説をちょっと本屋で立ち読みしたんですが・・・泣けたよ!!!

あまりにも面白かったので、いつものごとくのりちゃんとけろ。さんに貸したら二人とも大絶賛。
けろ。さんなんて「買う!」とは言っていたけど冗談かと思っていたら・・・本当に買ってた・・・・。
お正月休みにまた読もうと思っていたらしかったけど、今日メールが来て1月4日に届くってメールがきてた・・・とメールが。綾辻のアナザーを貸していたのですがそれを一気読みしたらしい・・・。

本当にお勧めな本です。

あけおめ

あけましておめでとうございます!!!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。