スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ料理

今月入ってから、けろ。さんもブログに書いていたけどヘタすれば終電乗り遅れるって、というくらいの残業続き。けろ。さんは帰ってからおでんばっかり食べていたらしく、「食べたくない~」と言っていたけど・・・。
昨日本当定時に普通に帰れて久々に買い物して、これまたひさびさにきちんと「きのう何食べた?」の料理を作りましたよ。
昨日作ったのは「ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み」
テンメンジャンはないのでミソ使用で作りました。
DSCF1101.jpg
レシピはコミックス見てくださいとしか・・・。
私は豚肉、ナス3本、タマネギ1個、トマト2個にしょうが、トウバンジャン、ミソ、砂糖、醤油で作りました。
ミソ多め。
これ甘辛く、御飯が進む感じです。って私は夜お米を食べないのでこれにわかめスープで食べました。具だけお皿に盛ってもおいしいと思うけど、これ煮込んだこのスープ(?)もおいしい。
ちなみに私はしょうがを多めに入れてます。
スポンサーサイト

挽歌リメイク

男たちの挽歌って何度もリメイクの話を聞いてる。
スティーブン・フォンでのリメイクの話もあったりしたしね。でもどれもこれも立ち消えになってる感が。

そしたら今日ヤフトピにでた。

チョウ・ユンファ出世作「男たちの挽歌」、ソン・スンホン主演でリメイク機動―香港

他にも

ソン・スンホン、韓国版『男たちの挽歌』出演へ
脱北した北朝鮮の特殊要員が韓国に定住し、組織暴力団の世界で巻き起こる出来事を描く。

だ、そうです。ふーん。
韓流スターを好きな人には申し訳ないが、全く興味のない私にとってはもう、イメージあわなずぎ。
イ・ミンギって誰だよって調べたけど・・・・・この人がレスリーの役をやるの!?とおもっちゃった。
なんでもリメイクすればいいとは思っていない私にとっては納得できなーい!
あのマークはユンファだからこそのあのかっこよさだと思うんだけど。
このスンホンって人では全くイメージ違うでしょー!
ティ・ロンの役って誰がやるんだろう・・・。
挽歌を見たことなく韓流スターを好きな人には確かに楽しめるかと思うけど、挽歌って男性ファンが多いと思うのに・・・。
まぁ、たぶん見ることはないと思うのですが、とうとうリメイクが決まったようですので一応アップ。

Pya2と今日のお昼はこの話をしなくては!!
香港映画好き仲間のPya2は今月で会社を辞めることになっており、かなりさびしい思いをしています。
毎日昼はこの子と食べてトニーさんの話とかで盛り上がったりしていたんだけど、もうそれができないのがね・・・・社会人になってこの子ほどかわいいと思えた後輩はいないので余計にさびしいのかも。
私も気がつくとこの会社長くいるんだけど、正直もっと早くに辞める予定だったんだよな・・・。

なんだかね

ご注意。
私はハムファンですがかなり毒をはいております。
ハムに対して悪いことは聞きたくない方はスルーをお願いします。

肉豆腐

早めに帰れた時は今はきちんとご飯を作っているのですが、今回はやっぱり「きのう何たべた?」3巻にのっていた肉豆腐です。
漫画ではえのきがはいっていたのですが、いかんせん我が家になかったので水菜をつっこんでみました。うん、結構いけました。
DSCF1098.jpg
そのまま昨日のお弁当になっていました。少し残っていたので本当は昨日の夜ご飯・・・・・が、残業で夜10時近くまで仕事。でも捨てるのはもったいないので自宅に帰ってから食べました・・・。
そしてきょうも残業が決定しているのでご飯は会社でおにぎりで終わりかと・・・・(涙)
本当この時期こういうのが増えるんだよね・・・・。

VMC

31日に「THIS IS IT]を見にいき、月曜日残業。
一応繁忙期なので倉庫に入るのが増える時期なんですが、月曜日も倉庫で作業。
Pya2ともう一度見に行こうと話していたんだけど、月曜日にチケを購入。
みんなが残業している中途中で帰りましたとも。(どうもその日は倉庫の人は日付が変わるまでやっていたらしい。たぶん営業も夜10時はかるく超えていたと思われる)
初めてです、一日あけてまた見に行くって。BBMでさえそんな短期間で何度も見ませんでしたよ。
なのに全くあきない。どころかまたトリップ。何度見てもいい。

そして昨日VMCで4時間半マイケル特集がやってました。
もちろん見ました!
ジャクソン5、ジャクソンズ、そしてマイケル・ジャクソンのMV。
これは見ごたえありました。見たこともないPVがあったり。エディ・マーフィの歌の時のマイケルがとってもキュート!
そしてシルエットだけでみるマイケルの踊りはもう天才としか思えない。
自宅なので普通に音楽にのってみることができました。
とりあえず編集しないでDVDにやいて今日Pya2に渡しました。
しっかしマイケルが急逝してからいろいろな雑誌がでてますね・・・・正直なんだこれ?と思うものまで。売れるからと思って出してるんだろうなと思うものまで出てますよね。ま、どうでもいいけど。
この番組最後にBILLIE JEAN (TV Performance Ver.)があったんだけど、これ最高!

鶏肉のオーブン焼き

引っ越しが落ち着いたら「きのう何たべた?」に載っている料理を作るようにしています。
先月引っ越しで考えられないくらいお金を支出したので今月はちょっと気をつけないと。
昨日鶏肉があったので1巻にのっていたオーブン焼きをつくりました。
ってこれ、つくったというかなんというか簡単。
DSCF1097.jpg
焼肉のタレもあったのでちょうどよかったんだけど、本には200℃のオーブンで7~8分裏表焼くとあったんだけど、やってみたら生やけ。考えて210℃にして焼きました。
それで焦げ目がついてちょうど良かった。
お肉の半分は弁当にして半分を食べたけど、下にひいた水菜が多いかな~とおもったらそんなこともなくすっごく食べれました。
お味噌汁はあげとほうれんそうと卵のお味噌汁でパソコンデスクで食べました(笑)
だってマイケルの番組がやっていたので録画してたんだもん。
ちなみに今日は肉どうふの予定。

炊き込みごはん

けろ。さんとはまっている「きのう何たべた?」
シロさんの作る食事がおいしそうで、けろ。さんはとりあえず「サッポロ一番」を真似してた。
けど、私は引っ越しでそれどころじゃなく・・・土曜日引き渡し完了してやっと落ち着いたので昨日1巻にのっていた炊き込みごはんをつくってみた。
DSCF1091.jpg
鮭を4切れ買ってきたので4合米をといで酒・醤油、こんぶ、鮭、ごぼう、まいたけをいれて炊飯。
DSCF1093.jpg
炊きあがりはこんな感じ。
味はかなり薄めになってます。調味料については自分でちょっとお好みで入れる感じかなぁ。
DSCF1096.jpg
鮭と昆布をだして鮭はほぐし、昆布も切ってもどしてまぜたらこんな感じ。
シロさんのに厚揚げと青梗菜の煮びたしものっていたので同じようにつくって食べたんだけど、たきこみごはんと一緒に食べると煮びたしが味が濃い目なのでちょうどよくうまい!
DSCF1094.jpg
ちなみにお味噌汁は玉ねぎのお味噌汁にしました。
ひっさびさに料理したなぁ。
引き渡しがおわったけど、あそこしっかり見るとアラがわかるんだよね。
契約書に清掃料のことかいていなかったのに、請求されて最後内心ムカつきました。
敷金はしっかりと帰ってこないようになっていた物件でした。
まあ、修繕料が請求されなかっただけよかったけどさ。

THIS IS IT

昨日の土曜日は日本シリーズ開幕。
そっちよりも正直大切だった。
マイケル・ジャクソンの映画を見るために前売りチケットを持って28日午前11時前には映画館に行ってました。会社抜け出していったんだけど、あんなに並んでいるのをみたのは初めて。
普段わざわざチケット発売と同時に買いに行くこともないんだけど、今回ばかりは別。
そして昨日見てきました。

何をおいても見る価値があります!

映画としてどうなの?って思う人もいると思う。
興味ないって人もいると思う。
でも私にとっては最高の映画だった。
あんなに映画館でトリップしたのは始めてかな。
ストーリーがあるわけじゃないのに、ものすごくひきこまれた。

マイケル全盛のとき、MTV全盛のとき私は夢中になってみていたひとり。
80’sにどんぴしゃなんですよ。
映画館で雑誌も買ったけど、むちゃくちゃ懐かしく、そして夢中になったアーティストがたくさん。その当時をすごせた私は本当幸せだと思っているんだけど、今回この映画みてますますそう思えた。
ダンサーたちよりも年齢がいっているマイケルだけど、すごく体のキレがありダンスはマイケルにやっぱり目がいく。
何よりも歌声。美しい、本当に美しい歌声だと思います。
最高のステージを作ろうとしたマイケルとスタッフたち。それが画面から伝わってきます。
絶対に最高のステージだったんだろうと。
リハ風景でさえ妥協を許さないマイケル。
そして彼の口からは「愛」という単語がたくさん出てきます。
彼がどれだけ愛にあふれた人なのかというのがわかる。
いろいろなゴシップとかはやはりスターであればついて回るものだど思う。
そんなことはマイケルを好きな人には関係なかったんじゃないかな。ゴシップ好きな人たちにはたまらんかったでしょうけど。
この映画を見ていると彼は純粋で愛にあふれ他人を、すべてを愛していたのがわかります。
だからこそ、今いないというのが悲しい。
映画見てなかないと思っていたんだけど、泣けました。初めてマイケルみたときとか思い出したし、マイケルがやっぱり好きだったな、と。
私にとっても80年代はマイケルとマドンナがトップなので。
30.40歳代が80年代洋楽にどんぴしゃの年齢なのですが、この人たちで80年代といえばというアンケートが雑誌にのっていてそれが面白かった。大好きなA-HAもトップ10以内に入っていたしね。

マイケルのあの体つき、声、ダンス、どれがかけてもダメだった。それらがそろっていてこそあのマイケル・ジャクソンなんだと思った。
最高のスーパースター。キング・オブ・ポップ。マイケルを飾る言葉はどんな言葉でも足りなく感じる。

一緒に行ったPya2もトリップしたようで、音楽かかると私は体が自然に動くのをとめるのに必死でしたが、どうもPya2も同じだったらしい。できればもう一度見に行きたく、今度は一番後ろの席で見ようかと話してます。
前売りだったので1300円で見たのですが、むちゃくちゃお得と感じるくらい良かった。
ああいう人って「こんなに早く」と思われるときに亡くなって伝説になるのかな・・と思いました。
本当にマイケルがこの世にいないということが忘れられない。

THIS IS IT
★★★★★(満点)
私にとっては今年最高の映画です。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。