スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ

332286view008.jpg

監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 ジェネット・カーン 、ティム・ムーア 、ブルース・バーマン
音楽 カイル・イーストウッド 、マイケル・スティーヴンス[音楽] 脚本 ニック・シェンク
クリント・イーストウッド(ウォルト・コワルスキー)
ビー・ヴァン(タオ・ロー)
アーニー・ハー(スー・ロー)
クリストファー・カーリー(ヤノビッチ神父)
コリー・ハードリクト(デューク)
ブライアン・ヘイリー(ミッチ・コワルスキー)
ブライアン・ホウ(スティーブ・コワルスキー)
ジェラルディン・ヒューズ(カレン・コワルスキー)
ドリーマ・ウォーカー(アシュリー・コワルスキー)

今日Pya2と見に行きました。
イーストウッドの最後の作品って聞いていたし。
なんでしょう、自分の中にモヤっとしたのが残る。
決して悪い作品ではありません。それよりも良く出来ている作品です。
スッキリと決着がつくような作品を好まれる方には不向きなのかもしれない。

初めは偏屈だったウォルトがタオとスーたちによって心を開いていくさまがなんともほほえましいシーンもありよかった。子供にどう接したらいいのか分からなかったというウォルトのセリフ。
子供達や孫との間に溝があるのは間違いなくウォルト自身に問題がある。自分が心を開かないで相手が開いてくれることなんてない。それが他人である、ましてや同じ白人ではなく差別発言をしていた相手。このときのウォルトは幸せだったに違いない。楽しかったに違いない。
なのにその生活を脅かす連中がいる。
同じ民族なのに、ましてや身内にその存在がいる。
もうね、こいつらが本気で私むかつきました。
ウォルトはタオを守るために彼らにまずは暴力で向かった。でもそれは暴力が暴力を呼ぶ行為。
結果的に自分が行った行為が余計にタオとスーを苦しめる結果に。

ここからが映画の核だったような。あれだけ偏屈だったウォルトがタオのおばあさんに好意をしめす発言をします。このときの行動でウォルトが変わったのが本当に分かる。
友人を守るために、過去の自分の罪、これからの自分の人生の決着のつけ方、あれはウォルトにとっては最高の人生の決着の仕方だったんだろうと思います。
戦争で人を殺すという行為をした自分、それがずっと忘れられずに後悔の日々。
タオに最後話したセリフがありますが、これはやはり戦争で人を殺すという経験がない人は分からないと思います。だって私はやっぱり自分の身内がレイプされたりしたら相手を殺したいと憎むと思うし、自分も死んでもいいからってやっぱり思うと思うんです。なのタオの気持ちがわかる。
でもそれはやはり何の解決にもならない、それをウォルトは良く分かっている。
だからこそ、最後自分で決着をつけにいったんだと。友人を守るために、自分の人生を意味のあるものにするために。そう思いました。病に冒されていて先が短いだろうというのは映画の中で意味ありげにかかれていましたし、あれはウォルトにとっては満足のいく最期だったんだろうと思います。
報復で報復を呼ぶのではなく、かといって奴らをタオたちに近づけないようにするにはあれしかなかったんだろうと。結果自分一人の命でタオたちを守り、奴らを長期にわたって牢屋にいれることができた。

で、ここでちょっと思ったんです。ウォルトはいいでしょう、それで。
でもタオとスーは?私がタオの立場なら初めのうちは何故自分もつれていってくれなかったと思うでしょう。それが落ち着いたとしても自分達の為に友人が命をなくしたんですよ?それはタオやスーが望んだことではないのに。自分がタオの立場なら多分心に何かが残ってしまいそうで。

でも最期にイーストウッドがね、歌っているのが。ここでツーっと涙でしたよ。

上手く言葉にするのが難しい映画だと思います。

グラン・トリノ
★★★★☆(4点)

やっぱり最後、考えさせられたのとあれしかなかったんだろうかと思ってしまったので。
全員がハッピーエンドというのは現実では少ないとはわかっているんだけどね。
でも良い映画と本当思います。
スポンサーサイト

パスタ

先日行ったことがないところへ母と食事に。
千歳市にある「ROSSO」というイタリアン。
ちょうどランチがやっていたので、ランチを頼みました。
090516_1242~0001
店内は白を基調にした感じ。
090516_1243~0001
その日のランチはキノコとベーコンのトマトソースだったかな。
090516_1255~0001
母はバターやチーズがダメなのでチーズなし。私は大好きなのでチーズありで。
たぶんですね、年配の方とかよりも若い方向けと思われます。
普通においしかったと思います。ピザが食べてみたかった。
あと生パスタもやっていて、かなり美味しそうでした。

ROSSO
千歳市上長都1029-3
定休日:日曜日・第二月曜日
営業時間 10:30~17:00
ディナーは要予約で対応らしいです。
カフェ的な感じよりもランチメインでしょうか。

そして先日行ったスイーツの旅の時に清水ドライブインで買ったヨーグルト。
090518_2023~0001
これ、うまかったです!!!甘すぎず、さっぱり。

そしてこの前イオンで京都物産展がやっていて、匂いにつられて買った
090518_1957~0001
みたらし団子。結構な人が購入されてましたが、これがまたうまい!!!
ミソとくるみのおはぎも購入。
もう香ばしいし、本当美味しかった!
・・・・・ただ、この日ほかにご飯が食べれなくて夕食はこれで終わりました・・・・。

十勝スイーツ食べ・飲み歩き 日帰り

日曜日に阪急交通社がやっている日帰りツアー

「十勝スイーツ食べ・飲み歩き」

に行ってきました。内容は下記の通り

六花帝本店限定 サクサクパイ1個試食!
クランベリーにてポテトパイ1個試食!
柳月スイートピア限定 チーズプラネット1個試食
十勝ワインの試食!
あげいも1個試食!
昼食は帯広名物豚丼か牛トロ丼を選べるメニュー!!

この内容で一人4980円は安いと思ってPya2と参加。
札幌駅北口8時出発で戻りは19時半予定。
日帰りで帯広はすごいと思いますよ、うん。運転手さんが本当に大変だと思う。
私が乗ったのは4号車でした。びっくりなのがこの札幌のほかに小樽出発とか苫小牧出発とかあって全部で6台。一台やく45人くらい乗るので300人近い人たちが日帰り観光することになります。

行程(それぞれで違う行程で4号車は下記のとおり)

札幌駅北口前=物産センター夕張=日高純馬油館=日勝峠=清水ドライブイン(豚丼か牛トロ丼のどちらか選べるご昼食)=花畑牧場=クランベリー弥生通り店=六花亭 本店=柳月スイートピア=清水ドライブイン=札幌駅北口

出発は一番遅かったのに帰ってくるのは一番早かったです。
まず物産センター夕張でシュークリームがあたりました。
RIMG0001.jpg
RIMG0002.jpg
この中のクリームは夕張メロンのクリーム。メロンが嫌いな人にはつらいでしょうとおもうくらいメロンでした。
次の日高純馬油館であげいもとクマザサ茶、そしてお土産にちょっとしたお菓子と馬油の石鹸とクリーム。ここには馬油の足湯もありましたが、時間が足りずに私たちはできなかった・・・。
RIMG0005_20090518121003.jpg

RIMG0003.jpg
そとにはこんなものも
RIMG0004_20090518120949.jpg
そして日勝峠
RIMG0006_20090518121017.jpg
昼食で私が豚丼でPya2が牛トロ丼
RIMG0007_20090518121117.jpg
RIMG0009.jpg
メニューをみたところ、普通に頼むとこのソバ付きは950円でした。
ちなみに店内こんな感じ
RIMG0008.jpg
そして先に3.4号車は花畑牧場へ
RIMG0010.jpg
この写真はショップです。この中に生キャラメルなどが販売。
私たちは一番前の席だったので降りるのも一番先。まっ先にショップに入ったら余裕で買えました。
マンゴー生キャラメルや夕張メロン生キャラメルもここでは手に入ります。
お土産に夕張メロン生キャラメルを買いました。
カフェもあるのでここでアイス購入。
RIMG0011.jpg
私が生キャラメルソフト(380円)でPya2がホット生キャラメルソースかけアイス(480円)。
RIMG0013.jpg
牛とかも結構いましたね。
このあとは店の写真を撮るのを忘れてました・・・っていうか雨が降り始めたのでね。
次がクランベリーのポテトパイの試食
RIMG0015.jpg
スイートポテトは食べたことあったけど今年初登場のポテトパイはマジうまいです!
袋もくれたんだけど、もらって速効食べた私たち・・・写真を撮り忘れていることに気がついて、こんな食べている途中の写真を・・・。
んで次が六花亭本店。
札幌にも売ってるじゃんとか言っていたんですが、結構買っているひとがいた・・・。
ここ限定がサクサクパイ。
RIMG0016.jpg
お土産には持って帰れません・・・なぜなら3時間しかもたないのですよ、サクサク感が。
甘すぎずこれもおいしい。
そして最後が柳月スイートピアガーデン
試食がチーズプラネット
RIMG0017.jpg
これは食べきれなくて今朝会社に持ってきて食べました。
クリームの中にチーズがはいっているのですが、くどくなく美味しくいただけます。

盛りだくさんの内容で4980円は安いと思います。
次回もまた参加したいと思う旅でした。
詳しくは

阪急交通社

このほかにもいろいろ日帰りツアーがありました。
ただ、こういう団体ツアー。自分さえよければ的な考えはいただけません。
他の人たちに迷惑がかかります。
団体行動は周りのことを考えて行動、そして時間前にはバスにもどりましょう。
時間厳守は当然のことだと思うんですけどね。
若い人は少なく、ほとんどが結構な年齢の女性や男性でした。




レッドクリフPartⅡ

監督 ジョン・ウー
トニー・レオン(周瑜)
金城武(孔明)
チャン・フォンイー(曹操)
チャン・チェン(孫権)
ヴィッキー・チャオ(尚香)
フー・ジュン(趙雲)
中村獅童(甘興)
リン・チーリン(小喬)
ユウ・ヨン(劉備)
ホウ・ヨン[俳優](魯粛)
トン・ダーウェイ(孫叔材)
ソン・ジア(驪姫)
バーサンジャプ(関羽)
ザン・ジンシェン(張飛)
チャン・サン(黄蓋)

胡軍かっこいいー!!
これにつきるって感じ。
ストーリー的にはですね、三国志をベースなんです、うん。
・・・と思いつつ、こりゃあ、ないだろうと突っ込みをいれてしまうところ多々あり。まぁ、エンターテイメントとしては楽しめる部類だと思いますよ。
下手なハリウッド映画よりもよくできていると思うし。
ただなぁ、やっぱり小喬でしゃばりすぎって感じがいなめない。
それにちょっとあまりにもオリジナルすぎる感じがしたんだよね。曹操を周瑜がにがしちゃうんだ~とか思ってしまいました。ちょっとどうするのか楽しみにしていたのでガッカリしてしまったんですよねぇ。
それに周瑜はあんなに孔明さまに対して「生涯の友」なんていっちゃあ・・・。

赤壁のあの戦い、すっごい火薬を使ったんだろうなぁ。すごかったのですが、途中でもうどっちがどっちなのやら、わけわからなくなってしまいました。
実際赤壁の戦いはああやってむごいものになったと思うんですよ。そう考えるとなんとも言えない気持ちにはなるんですが、うーん・・・・たぶんPart1の方が迫力があるかも。
曹操の曹沖の話は、「時の地平線」を思い出しました。

あと周瑜が主役なので仕方ないのですが、あまりにも劉備軍が出なさすぎ。っていうか劉備がたとえ作戦にしろ「信義」を軽んじる発言はいかがなものか。それにたとえ劉備と周瑜の作戦だろうと、義兄弟には話すのでは?あれはない、と映画館で思いました。

今回のPart2は間延びした感がいなめないです。
1の方がテンポよく展開していったと思えます。

レッドクリフPart2
★★★☆☆(3点)

ストーリーとは全く関係ないのですが、トニーに相変わらず癒されました(笑)あの剣舞はすっごく真剣な顔して待っているトニーさんがなんか笑えてしまって~。

花見



9日に会社で花見を行いました。
25歳までの社員が場所取りで、朝7時に円山公園に行ったそうです。でもその時には結構な人出だったらしい・・・みんな新入社員は大変ね・・・。

CIMG0350.jpg

こんな感じで私が勤めているところでもバーベキューを。
買出しは私とけろ。さんでそりゃあ自分たちでは買えないような肉とかを買いましたよ。
オードブルとかも買ったんですが、あまりました・・・多かったよ。
残念なのが桜が全くないのがねぇ。まあ、場所取りしてもらったところが桜の木も少なかったんだけどさ。
私は帰り車を運転するのでお酒を飲まずにいたのですが、部長さんがですね、ビール→日本酒→ワイン(1本)と飲みまして、会社到着後吐いてダウン。
CA390022.jpg
会社の床で寝てしまったので、見捨てて私たちは帰りました(笑)

どうもその後優しい女の課長さんが買い物帰りに気になって会社によって、起こしたそうです。
バカよね~私やけろ。さんにネタを提供するなんて(笑)(この会社では女性がかなり強いんです)

奥尻観光

GW中、Pya2と企画していた奥尻観光に行ってきました。
私の中でのメインは太田山神社だったんですが。
1日は夜野球だったので2日ではなく3日に出発。
朝5時に札幌出発で9時半の瀬棚港発フェリーにのりました。
近いうちにDICEの方に旅行記アップしようと思ってます。

DSCN0909.jpg

あいにくと天気はよくなく、でも雨が降らなかっただけ良かったかも。
夜にも観光で、うにまるモニュメントのライトアップを見に行き、その後釣鐘岩のライトアップも見に行きました。
DSCN0913.jpg

翌日もガスがすごかったんだけど、島の北の方に行ったら晴れていたり、そんな大きくもない島でいろんな天気でこれはこれでよかった。

翌日せたなに戻ってきてから、太田山神社に向けて出発。
DSCN0992.jpg
知る人ぞ知る太田山神社。私は担当美容師さんに教えてもらい、興味を持っていったのですが、登ろうと考える方覚悟をもって登ってください。
眺めは最高でしたけど、とにかくキツイ!!
でも面白かった~!!

小樽

29日にけろ。さんとPya2と小樽にプチ旅行に行ってきました。
まずはじめによったのはおもちゃ屋さん(笑)
これが木のおもちゃとかあって、大人でも楽しめるところでした。
090429_1117~0001
クリスマス前とかに行きたいと思えるところでした。
そのまま歩いてブラブラ。北菓楼とかによりつつ試食をし六花亭では2階のカフェスペース(?)でゆっくり。
090429_1139~0001
コーヒー1杯無料で三人でお菓子を食べながらちょっと休憩。
090429_1142~0001
知らんかったよ、雪こんのこんなお菓子があったなんて。
チーズケーキが挟まってます。
090429_1142~0002
コーヒーとあって美味かった~
食べ終わってから、またブラブラ
途中でこんなの発見。
090429_1303~0001
前からあったっけ??
お父さん預かってくれるんだ(笑)
けろ。さんたちがとんぼ玉作り体験をするちかくの川では風鈴があっていい音色が聞こえていました。
090429_1306~0001

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。