スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大三国志展

14日にかねてから計画していた旭川美術館で行っている「大三国志展」に行ってきました。

080814_1310~0001

バスで行ったのですが、駐車場が順番待ち。
友達と公園に用事がある人だよね~なんて話していたのですが、
・・・・びっくりした。
あんなに三国志展に来ている人がいるとは思わず。
絶対混んでいないと思っていたら、展示物見るのにもゆーっくりですよ。
多分三国志をそんなに知らない人もいたと思われます。

世間話をしながら歩いている年配女性とか結構いたしね。

でもこんなに三国志に興味ある人がいるんだ~と思いました。

入ってすぐは桃園の誓いの場面ですぐに人形劇三国志の人形の玄徳・関羽・張飛が。その隣には実物大という関羽の像。ちょっと目を横にやったら

・・・・・古隆中!!

もうその時点でドキドキ。

そしてご対面できました。
川本喜八郎先生作の孔明様!!

12歳になるまえに初めてみた人形劇三国志で一気にその世界にのめりこんでしまった私。
それ以来××年たってようやくお会いすることができたんです。
私にとっての孔明様の基本がこの人形のため、もう言葉にならない状態でした。
心の中でご挨拶をしていたのですが、いかんせん人が多く、ながされるまま離れていきましたが・・・。
正直なところもっと対面していたかったです。
見たいところでゆっくり見ることが出来なかったのが残念。

他に横山光輝先生の原画もあり、これまた感動。
赤壁の場面もあり、当時のファッションとかも展示。

私の友人は呉の孫策が好きなのですが、展示物をみて「これは孔明展だ」と言っておりました(苦笑)
一応曹操・孫権・劉備の三人の絵などは飾られたりしていたのですが、メインはやっぱり蜀だったかな。

お土産ものも売っていまして、購入ですよ。
080814_2048~0001
ハガキとファイルも買い、ついつい孔明まんじゅうという、ただの饅頭なんですが購入しました。
そして武候祠のパンフレットなのかなぁ中国語の冊子も購入。・・・読めないのに。
中には杜甫の「蜀相」という詩が記載。これね~学生時代に三国志ノート作っていてその中に私も日本訳を書いたりしてました。

大満足です。旭川では24日までの展示ということで、結局1回しかいけなかったけど、孔明様にご挨拶できたので満足。これってもう言葉では言い表せることができないです。

さてその後、じゃらんによく載っている「ファイブスター」というバイキングレストランへ
080814_1407~0001
久々のやきにく!!
うん、札幌に結構あるバイキングよりも美味しかったです。
080814_1437~0001

そしてここは駅から離れているためか、旭川市内の無料送迎バスがあります。
聞いたら10分くらい待ったらバスがくるとのことで、帰るときにバス利用。
私たちしかいなかったので、なんと高速バスで帰る私たちの為にバスターミナルまで送ってもらいました。すっごく助かりました!!
スポンサーサイト

青森ねぶた祭り

小学3年生から中学2年生まで青森県に住んでいて、ねぶたは毎年家族で見に行ってました。
まあ、住んでいたところが西津軽郡のはじっこにある村だったのですが、
小学校でもねぶたの絵を描くということをやったり。
今でも実家では描いてもらったねぶたの絵がかざられています。

北海道に帰ってきてから、ねぶたが見たくて何年か前からはねとをやりに行ってます。
もうね、なんていうのかな、さっぽろのよさこいとは全く違います。
歴史もあるし、お祭りとしての格が違う感じ。沿道の人たちも一緒になって盛り上がったり、街中がねぶたの熱にうかされる感じとでもいうか。

ちょっと最近ご無沙汰でしたが今年行って来ました。
RIMG0231.jpg
やっぱりスケールが違います。
RIMG0244.jpg
ねぶたのお囃子を聴くとなんともいえない気分が高揚しますよね。

けろ。さんもPYA2も見たことがないとのことでオススメしているのですが、ねぶたは1度行くとはまりますね。一緒に行ったのりちゃんも何年か前に一緒に行ってはまった一人です。
動画も踊りながら撮ったりしたので旅行サイトのほうにアップしたいと思ってます。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。