スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘味男子

ネットで読んでいた甘味男子。
楽しみにしていたのに最終回・・・・・。
ネットで見たときも「ええええええ!!!」と思った。
作者さんのブログやコミックスあとがきをみると再開するつもりみたいなので、待ちますが・・・・・出版社の事情なんだろうか・・・・。
私この本好きだったので、ショック~!!
だいたい、スイのことも解決してないし、つばきくんのだってなんか謎のベールにつつまれたままじゃん!!
ぐれは・・・・まぁ、いいけど。ときくんはすっきりしてんだけど・・・。
早めの復活を望む!!!!


っていうか、楽しみにしている読者って結構いるんだよ、かんべんしてくれよ・・・・。
スポンサーサイト

誠の国

待ってました!
花とゆめを買おうかどうしようかまじめに考えた。
管野文先生の新撰組の漫画が始まったから。
でも表紙を見て買ってしまった・・・・もう乙男の連載から絵が崩れたな~と思っていた私。
この先生のは少女漫画らしくないような雰囲気のある絵がとても好きでたまらなく、北走新撰組の時なんて本当たまらなくいい。
なので誠の国が連載開始はいいいけど、どうなるんだとうと思っていた。
まぁ、前のようにまではいかないけど、乙男のときとはやっぱり違い、この先生の独特の雰囲気で漫画が描かれていて満足。
るろうに剣心やピースメイカーの斎藤一とはまた違った斎藤。
そしてやっぱり麗しい土方さん。
買って後悔なし!!!

そしてなによりポストカードが良かった!!!!北走新撰組から土方さんや野村、相馬が!!!!!
特に土方さんが麗しい!!!!どこに飾ろうかと本気で考えた。
securedownloado

再び

先日本屋に行って発見した管野文先生の北走新撰組と凍鉄の花
あれ~???と思っていたら、今年の大河の八重の桜が会津でそのつながりでだしているんだと気がついた。
ってか、これ新撰組の話なんだよね。それこそ大河で新撰組やっていたときの本だし。
私は碧に還るを雑誌でみてもう一気にファンになった作品でコミックスを本当に楽しみにしていた本でした。
最近は可愛いという絵柄が多い中この先生の絵が小さめの眼とかでそりゃあもう私好み。
悪性まで本当好みだったんだけど・・・・私この先生のはほんとうシリアスな感じが好きなようだと乙男を読んだ時に思ったんだよな~

凍鉄の花が京都新撰組の話。創作混じってるんだけど、これがまた読ませるんだよ。もうもう最後のあたりの歳さんのかっこいいこと!!!!伊庭との話とかいやあ、本当堪能。
新撰組の創作ものではピースメイカーが大好きな作品であれで、永倉・藤堂・原田の三人がすきで油小路の時は大号泣。そして斎藤一ではるろうに剣心の斎藤が好きな私。
正直この先生の本を読むまで京都新撰組までが一番良く読んでいたし、調べたりしていたんだけど北走新撰組を読んだ時にもう大感動。
散る緋なんて名作じゃないの???と新撰組を好きな人には本当読んでもらいたいと思う一冊。
私はこの本を読んで函館の新撰組関連を尋ねるという旅行をしたりしました。
それくらいこの本は良かった!!
その本がまた本屋に平積みになっているのがうれしい!!
めちゃくちゃきれいな表紙で北走の表紙の歳さんはほんとうかっこいいのでぜひぜひお手にとっていただきたい。
そしてどうも連載がはじまるようで、これはまたうれしい。
鼻の書き方とかが変わっているのでどんなようになるのかちょいと不安なのですが、この先生の描かれる新撰組の漫画はほんとうにいいので楽しみです。



同級生と卒業生

前々から気になっていた本。
ウツボラは前に読んでいたんだけど、もともと自分はちょっと苦手とする絵かなぁとは思っていたので。
ましてや、耽美系の話なのかと思って躊躇していた。

もう、そんな自分を叩きたいわ!!





BL本なんですが、なんていうの??よくあるBLのけろ。さんの表現だと「鼻血ブー」ってのではなく、甘酸っぱい胸がキュンとなるお話でした。
何よりウツボラとまったく違った明るさもあり、いやぁ、この先生すごいわ。
紀伊国屋で同級生・卒業生(冬)・そして原先生のスピンオフの空と原をみつけて自宅に帰って読んで面白いと思い翌日には違う本やで卒業生(春)を見つけ速攻購入。
今狙っているのはファンブックです。
それくらいドはまりしました。
優しい本だな~というのが一番の感想だったかな。
子供と大人の中間って感じの高校生が相手のことを真剣に考え行動し、そして決断。
その若さでその決断は勇気がいるだろうけれど、逆に怖いものもまだないのかな。
この二人はいろいろ変わることが多い中それでもお互いの存在の大きさ大切さは変わらないんだろうな~。
買って後悔なし!!!
もっと早くに買ってればよかった~!!!!

・・・・読んじゃった・・・・

絶対コミックス発売まで読むもんかと思っていた・・・・・
だって、また雑誌を買い続けることになるかと思っていたもん・・・・・
ああ、読んじゃったよ・・・・メロディ・・・・
ってか秘密・・・・だって本屋で読めるようになってたんだもん・・・・我慢できなかった(涙)

薪さん小さいころってなんかいいとこのお坊ちゃんって感じ????????
ネクタイなんかしちゃって
そしてやっぱり超優秀な方だったのね。
でも初めの鈴木との出会いって、なんかすごい(苦笑)
そりゃあ、ああいう場にね、ずかずか来る人って嫌がられるよ薪さん・・・。
小さいころからの経験で培われなかったのが鈴木との出会いで培われるってことなのかしら、とちょっと思った私。でも鈴木って私自分が想像していたのとちょっと違っていたのでびっくりした。
ああ、でもこれからが始まりの二人だしね。
しっかし青木や岡部さんがでてこない秘密ってなんか、まだ違和感。
いや、薪さんは相変わらず麗しいんだけど、第九にいたあの薪さんが出来上がってないっていうか、まだ色々と出来上がってない感じもね、これまでの秘密って感じがやっぱりしないので本当にあの私たちが知ってるころから大分前にもどったんだなぁと思った。
これまた色々とそれこそ「秘密」がありそうでこりゃ、今後きちんと読まんといけんと思いました・・・・・。

でもどこの場面だったかな・・・・薪さんって鈴木にすぐに好意もったんじゃない?と思ったところがあったなぁ。麗しの薪さんがこれから色々な経験をし、私たちの知っている薪さんになっていくってのが・・・なんともちょっと・・・・・・・

そうそう先日は暴れん坊本屋さんの完全版が届いて再読。やっぱり面白いなぁ。コミックス3巻とも持っているけど、持っている人ほど、完全版を読んだほうがいいように思うよ。
どうも私の買った本屋限定のはいつ届くか分からないとかメールきてたりしていたので、好評なんですね~番子さんのエッセイはやっぱり面白いわ~

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。